車検だけが車サービスじゃない!〜毎日楽しいカーライフ〜

赤い車

いろんな面で活躍

白い車

車だけじゃない

痛車を見る機会が以前よりも増えているとは言っても、イベントの場合だと行われていない地域エリアもあります。痛車を作るうえで実際の痛車を見ておくと参考になるのですが、実際に見れないとなると困り者です。しかし、痛車はイベントだけでなくてもネットでどんなものがあるかを確認する事もできます。軽自動車、大型車、そして軽トラなどいろんな痛車が簡単に確認できるのです。また、車だけでなく痛バイクや痛チャリも確認する事ができます。車を持っていないから痛車作りができないという場合、痛バイクや痛チャリを作ってみるのも良いでしょう。バイクやチャリの場合、車よりもデコレーションをする面積が小さいので、リーズナブルな価格でデコレーションが出来ます。また、痛チャリの場合ですが、ボディよりもホイールカバーをメインにデコレーションを行ないます。

レースで活躍

痛車は趣味の面だけでなく、レースの場にも進出しています。レーシングチームとアニメ会社がコラボをすることで、レーシングカーを痛車にすることがあるのです。痛車がレーシングカーとして使用されることは最近では多くなってきているの珍しいものでもなくなっていますが、普及し始めたときは物珍しさがありました。レーシングカーを痛車として利用することによって、レーシングチームのファンが増えたという効果もありました。これからコラボをするチームはどんどん出てくると言われています。レーシングカー以外だとレーシングバイクもあります。有名なバイクメーカーが人気アイドルキャラクターとコラボをしたレーシングバイクが登場し、ネットニュースで情報公開されていました。